おっぱいフェチ

  • 2015年09月13日
 

今回のお店は最寄り駅からの距離が歩いて20分と少しあるので、お店の送迎車で送ってもらいます。運転手さんは、「正社員高収入」という新聞の求人欄に書かれている文字に惹かれ、今のお仕事をされているお店の正社員なんだそうです。「高収入って相当もらってらっしゃるんでしょうね?」と聞いてみました。さすがに金額までは教えてくれませんでしたが、拘束時間は長いし、客のぼやきも聞かされるしで多いとは言えないということでした。お店のプレイは、小さな個室で行います。小柄でショートヘアーの女の子を膝の上に座らせ、プレイを始めました。僕がおっぱいフェチだからです。両手で乳房の下から触り始めます。親指と人差し指の腹で乳首を転がしてみます。始めは柔らかかったのがだんだん堅くなってきました。「ぁあん。」間違いなく感じてくれているようです。おっぱいフェチの僕は、おっぱいの刺激にだけは自信があります。次にうなじに舌を這わせます。女の子の感じ方がどんどん激しくなってきました。
宇都宮・小山の日払い風俗!アルバイト情報サイト【高収入求人プリン】

 

もっともっと読む